Natural OYATU Farm〜ナチュラルおやつファーム〜の心得

ご覧頂きまして誠にありがとうございます。
ナチュラルおやつファームは2012年で10周年を迎えることができました。
ナチュラルおやつファームを応援して下さっているお客様、初めて来たけどどんな店なんだろう?というお客様、 はたまた、興味はなかったけど、たまたま見つけてしまったというお客様。
皆さん、ど~んと見て行って下さいね!

元祖 ペットの安心・安全手作りおやつ&デリ専門店です

ナチュラルおやつファームは、ペット(愛犬)の食物アレルギーと16年闘っているてんちょ(店長)と、愛猫をネコっかわいがりしているパテシィエのオーナー(調理師)が、ペットの食物アレルギーで本当に困っている人は絶対いる!その手助けがしたい!(言葉は悪いですが→)人間よりも口のきけないペットの健康が大切!という気持ちだけで立ち上げた、小さなネットショップです。はじめた当初は、苦労しながらも、たった2人で運営していました。

オープンしてからこれまで、色々なことがありました。
少しでもナチュラルおやつファームを知って頂けたら嬉しいです(*^-^*)

心得その1|オンラインのみの販売です

当店は、私店長とスタッフ5名で少人数で大変ながらも、おやつ作りに励んでくれています。
これもひとえにナチュラルおやつファームを応援してくださる皆様のおかげです。
しかしながら、お忙しい中お電話をいただいても応対できなかったり、 せっかくご注文をいただいても、お届けにお時間をいただいてしまったりと、 お客様には大変ご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。ぜひ当店を応援して頂けましたら幸いです。 これからも宜しくお願い致します。

心得その2|ペットの身体を第一に考えています

Natural OYATU Farmにご来店頂きありがとうございます。 店長の川本(カワモト)です。 2頭の犬と暮らし始めてから、ペットの健康に神経をすり減らして生活しています。当店を訪れて下さったお客さまは、きっと皆様同じですよね。
私の大切な愛犬はいろいろな病院でたらい回しになり、手作り食を勧められたりして、私は次第に市販のフードやおやつに疑問を持ち始めてしまいました。 オープン前の準備5年間で試行錯誤をくり返し、やっと確信できたのは「子供(ペット)の健康は親(飼い主)しか守れない」ということです。

心得その3|100%食物アレルギー対応などありえません

最近増えてきたペットのおやつやごはんのネットショップ・店舗ですが、安易な「食物アレルギー対応」という売り文句に踊らされていませんか?
食物アレルギーというものは、経験者にしかわからない、大変な苦労があるのです。口の聞ける、皮膚に毛がない人間とは異なりペットの場合は殊更大変なものです。まず、完全に食物アレルギー対応というのは無理なのです。
なぜ、無理なのかと言われれば、とてつもなく長い文章になってしまいますし、当店の文章を盗用されているお店も多くあるためここでの公表は控えさせて頂きますが、お客様には「完全に対応するのは無理なんだ」とお知りおき頂きたいのです。

たとえば、小麦粉の代わりに米粉を使用しただけのものや、牛乳の代わりに豆乳を使用しただけのもの、ひどいお店では豆腐にチーズを混ぜて「生クリームが食べられないペットにも安心です!」などというものも。(アレルギーのペットがいらっしゃる方はおわかり頂けることかと思います)
アレルゲンというのは特定も簡単なものではなく(血液検査もありますが、これは50%の確率だそうです)、米粉ひとつをとってみても、小麦グルテンを抽出して配合されているものから、まっさらな米粉まで近年の技術では多種多様です。
【アレルゲン】がなんなのか、何が悪いのか、獣医師でさえ断言出来ないものを、簡単に考えているお店があまりに多すぎるのでお客様にはぜひご注意頂きたいと心よりお願い申し上げます。

当店は、長年ペットの食物アレルギーに苦労してきた店長が、お客様のわんこ、にゃんこ一人一人のために誠心誠意尽くしてメニューをご提案しています。セミオーダーやオーダーメイドも承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

心得その4|私たちスタッフも食べてます

オープンの10年前、私の友人で調理師免許を持ち、元パティシエールのオーナーが参加してくれることになりました。犬と猫に必要な成分を調べたり、食べてはいけないものを調べたり、はたまた人間と同じく食品衛生法を調べたり...とまあいろいろあって、やっと開店出来ることが出来ました。と、いうことで、Natural OYATU Farmの商品はスタッフ全員が試食して 「味はないけど旨い!」ものを作りました。もちろん味がないので人間のスタッフが毎日喜んで食べてる!って訳ではありませんが...(^_^; 扱う材料はすべて人間が食べるお肉やお魚などの中でも良質の食材です。ただ、1つお断りしておきたいのは、法律では「人間が食べてもオッケー」と言えないことです。 簡単に「飼い主さんも食べられます」と言っているお店もありますが、当店は人間の食品/薬事を守って運営しているため、実店鋪もなく、許可を取ったりする等、費用がかさむとなると、こんなお店は正直やっていけません...。しかし、試食にご協力して頂いた皆様は、私達が口にしているのをご覧になってから、ペットに与えていただきました。(本当はすべてのお客様に私達が食しているのを見て頂きたいところですが)こればかりは「信用」して頂くことしか出来ませんが、 お客様の大切な家族であるペットたちにも、ぜひNatural OYATU Farmの安心安全手作りおやつ&ごはんをご賞味いただけたらと思います。

心得その5|品質には自信があります

ナチュラルおやつファームの商品は、オーダーメイド商品や生ケーキ、また通常の保存方法で長持ちするもの以外は、すべて真空パックにしております。そのため、手作りおやつとしましては多少賞味期限が長く設定しておりますが、お客様にお届けする商品は作られてから1日~最長でも3日以内です。
当然のことながら、合成保存料、着色料、ビタミン強化等の添加物はいっさい使用しておりません。オーダーメイド商品に関しましては、お客さまのご指定された期日の前日までにお手元に届くようにしておりますが、その際にも作り置きは絶対に致しません。 私共もひとりのペットの親ですから「古いもの」を食べさせたくないという、お客さまのお気持ちは重々承知しているつもりです。 そのため、ひとつひとつが手作りなので、品切れ等のご迷惑をおかけしてしまう場合もございますが、どうぞご理解いただけますようお願い致します。
なお、燻製は他の商品と違い、仕込みから出来上がるまで、7~14日かかる行程となっておりますので、作られてからお届けまでにどうしても日数を要してしまいます。とくにお肉やお魚といった生食材には、雑菌の繁殖がしやすい為、細心の注意をはらって製造しており、できあがりから最短で真空パックにしておりますのでご安心下さい。ただし、開封後はパッケージの表示に関わらず、お早めに与えて頂くようお願い致します。

心得その6|お客様に嘘はつきません

ナチュラルおやつファームでは、お客さまに「正直な店」である。と思われることがポリシーです。と、こんなことを書くと嫌らしい感じもありますが(^-^; 実際に情報を隠さない方針でございます。また、メニューやポリシーに表れる知識や経験についても、他店様を真似するようなことは一切致しておりません。
それは私共があれこれ言うよりも、実際にお買い物して頂いたお客さまのコメントをご覧いただければ、どうしてこんな小さなお店が10年も続いているのかお分かり頂けるかと思います。

文字ばかりでお疲れとは思いますが、もっとナチュラルおやつファームを知りたい方、雑誌等の記者の方はこちらのQ&Aもぜひ併せてご覧下さい。どっちが心得か?と言うくらい、ぶっちゃけております。 すでにご利用頂いたお客さま、これからご利用頂くお客さま皆様のおかげで、ナチュラルおやつファームは運営していられるのです。

心得その7|原材料には高くても安心なものを選んでいます

ナチュラルおやつファームではすべての材料にこだわっております。ここでは素材の一部をご説明したいと思います。

当店では一部の商品を除き、牛乳、生クリームのかわりに豆乳を使用しています。豆乳にも色々ありますが、当店で使用しているのは、にがりを加えるとお豆腐ができるという有機栽培の大豆で作られた食塩不使用の豆乳です。さらに、消泡剤と呼ばれるものも不使用のものに限定しております。(もちろんお豆腐も同じです) 大豆は植物性タンパク質の宝庫ですから、ペットの身体に負担を与えることなく、安心して食べさせてあげられます。 ただし、大豆アレルギーの子には食べさせられないためセミオーダーをご利用下さい。燻製に使用するお魚や馬肉は、赤字覚悟で「生食用」を使用しています。 そう、お刺身です。お刺身用のサクを丸ごとスモークしているので、鮮度が高く、小骨などの心配もなく食べさせてあげられます。スイートポテト等に使用している木の実などは、食塩や漂白剤を使用していないものでなおかつ認定有機栽培のものを厳選し、オイルコートされていないものを使用。保存目的に実際は「添加」されているビタミンやミネラルといった添加物を食べさせずに、天然のビタミンやミネラルを補給してあげられます。小麦粉などは精白されていない全粒小麦粉を使用していますので、ふすまや胚芽が残され、天然のビタミンBや鉄分を補給でき、食物繊維が豊富なのでダイエット中のペットにも与えていただけます。

ナチュラルおやつファームのこれまで|Since2001

2001.08
Natural OYATU Farm 発足
2002.01
Natural OYATU Farm 創業
2002.06
ネットショップオープン前、公園での突撃モニター実施
2002.08
ペットの安心・安全手作りおやつ&デリ専門店Natural OYATU Farm開店
ウェブサイト上でサンプルモニターを募集
2002.11.3-4
プライベートドッグラン【Be-born】オープニングセレモニー 出店
2002.11
読売新聞 ペット小冊子【よみうりペット】および【P-WELL通信】12月号
“ペットと一緒のクリスマス徹底楽しみ方マニュアル”で紹介されました
2002.12
関東8店舗(2002当時)展開ペットショップ【JOKER(ジョーカー)】の
犬用クリスマスケーキを手がける
当店では同デザインの高品質版ペット用クリスマスケーキを予約販売
2003.03
ムック【豆柴専門誌 まめしば】vol.1“豆柴情報ページ”で紹介されました
2003.05
芸文社【愛犬チャンプ】2003.7月号vol.128の巻頭特集
“初夏のカフェへ出かけよう!+わんこスイーツ10”で紹介されました
2003.08
週刊!エキサイト(Excite エキサイトデイリートピックス)8/19 第111号
“愛犬フード事情を追え!”で紹介されました
2003.09
広文社 ペットの食事を考える会 著
【ペットフードが危ない!】ペットの食事についての安心ガイド
“ペットフードお役立ち集”に紹介されました
※4月に掲載以来を頂いていたのですが、書籍を手に入れてなかったので遅くなりました。
(関係者様、お読み下さったお客さま、スミマセン)
2003.11
埼玉県所沢市の日本最大規模のワンちゃんイベント
“スーパードッグカーニバル2003”出店
2003.11
【DEAR MY DOG】の“愛してるからスローフード”に紹介されました
2004.02
ペットの缶詰“バレンタインを楽しもう”でバレンタインケーキが紹介されました
2004.05
芸文社【愛犬チャンプ】2004.5月号vol.138
“お取り寄せわんこごはん”で紹介されました
2004.04
(株)犬吉猫吉ネットワーク【犬吉猫吉】2004年5月号 九州版
“ペットなエンタメ情報”に紹介されました
2004.5.1発売予定の【犬吉猫吉】2004年6月号 首都圏版にも掲載
2004.05
産経新聞メディックス(2004.春号)ワンちゃんパラダイスドッグニュースに紹介されました
2004.08-09
東京日本橋の高島屋にて“いつでもワンちゃんと一緒 ワンちゃんグッズ&アート”出店
2004.10
ポータブルナビマガジン“biron”11月号
Pet~クリがゆく!“もうすぐクリスマス おいしいケーキ”に紹介されました
2004.10
ケーブルテレビ番組ガイド“CHANNEL GUIDE”10月号
綾小路家のワクワクnetセイカツコーナー“食欲の秋or芸術の秋、家で秋を感じよう♪特集”に紹介されました
2004.10
芸文社【愛犬チャンプ】(2004.12月号)vol.145
愛犬家の愛犬家による愛犬家のためのページ“READER'S PARADISE”で紹介されました

※こちら、実は編集部の方よりご連絡頂いて、投稿して下さった方がいらっしゃるのをはじめて知りました。
東京都のはなママさんより、嬉しいコメントと共に編集部へ寄せられたそうです。
私共ではお客さまの特定ができず、直接お礼を申し上げることができませんでした。
はなママさま、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました♪
2004.11
埼玉県所沢市の日本最大規模のワンちゃんイベント
“スーパードッグカーニバル2004”出店
2004年は な、なんと!ケーキ&デリ完売です! 満員御礼、売切御免で幕を閉じました!
また来年も宜しくお願い致します。
2004.11
芸文社【愛犬チャンプ】(2005.1月号)vol.146
X'mas&お正月限定トキメキセレクションX'masケーキコーナーに紹介されました
2004.12
成美堂出版 【ドッグ・ワールド】編集部編 【ダックスファミリー】の
ワン用おやつSHOP LISTで紹介されました
2004.12
東京都墨田区にて行われたキャットショーに出店
初めてのネコイベントで、勉強させて頂きました。関係者の皆様ありがとうございました。
2005.01
株式会社スタジオ・エス発行 【Anifa(アニファ)】(2005.3月号)
作ってHAPPY 使ってGOOD 我が家の動物モノ試しコーナーへ紹介されました
2/22猫の日用のごちそう フレンチ風メニューを考案/作成致しました。
2005.07
角川書店発行【Tokyo Walker(東京ウォーカー)】No.15号
イベント紹介ページにて“ワクワクわんわんフェスティバル2005”みどころ03に紹介されました
2005.07
東京ドームにて開催された“ワクワクわんわんフェスティバル2005”出店
ケーキ&デリおかげさまで売切も続出し閉幕となりました。
2005.10
東京ビッグサイトで開催された“スーパードッグカーニバル2005”出店
お客様の可愛いワンコたちや競技に参加するスーパードッグたち、もちろんボランティアのワンちゃんたちも
み~んな参加して楽しく過ごすことができました!
また、毎回ご好評のケーキ&デリや100均一、じゃんけん勝負もあいにくの雨に包まれながらも
波のある(^-^;盛り上がりを見せました。
2005.11
ワンコと飼い主さん、そして犬好きな人のためのサイトstylish-dog.com の
シリーズ【愛犬の「食」を考えよう!!】コーナーにて“愛犬と一緒に「戌年」の新年を祝おう!”ページで
紹介されました。
物販を行っていない、公正なサイトです。スタッフの方もとてもよく勉強、調査されていて すでにワンちゃんがいる方も、これから飼いたい方にも、とても為になるサイトでした。 店長自身も、失礼ながら存じあげなかったのですが、お話を頂いた時点でじっくり熟読。 すっかりこのサイトのファンになってしまうほど、感心されられました。皆さんもぜひ一度ご覧になってみて下さいね。
2005.11
芸文社【愛犬チャンプ】(2006.1月号)
お取り寄せ!わんこごはん&おやつコーナーで紹介されました。
2005.12
(株)犬吉猫吉ネットワーク【犬吉猫吉】2006.1月号 “猫吉犬吉”ページのCAT News&Topicsに
“クリスマスケーキやおせち、レギュラーメニューなどを紹介されました
2005.12
誠文堂新光社発行の 【DOG FAN】(2006.1月号)
“ドッグフード派も手作りごはん派も必見! そのコにぴったりのフードをチョイス”の
コーナーに紹介されました。
2006.01
JD MEDUSA 発行の月刊クラブアフター2006.1月号 vol.88
DOG'S SWEETSコーナーに紹介されました。
2006.01.01
辰巳出版株式会社の【Shi-Ba】(シーバ 2006.3月号) A Dog's Stoty(モノクロページのドキュメンタリーです)コーナーに 当店、店長の愛犬さくら&まめきちが紹介されました! さくらの病気についての記事が書かれています。 Shi-Ba2006.3月号をお持ちの方はぜひご覧になって下さいね。
2006.11
西武ドームで開催された “スーパードッグカーニバル2006”出店
今年はジャンケン大将(でもヘタレ:^-^;)の登場で一層の盛り上がり(!?)を見せた100円均一、
また、イベント限定のケーキ達も新商品をひっさげての開店となりました!
心配されていた天候にも恵まれて、売切御免の状態で大盛況のうちに閉幕となりました。

2006年以降〜
芸文社発行のDOG GOODS SHOP 2006 SUMMER ISSUE(こちらは冬号?にも掲載予定です)、 ペットライフ社発行のCats 2006/10月号にも紹介されています。 他にもあるはずなのですが....なにせてんちょ(店長)がハイハイと画像を貸してしまうので、 本誌を送って頂けない雑誌については把握しきれておりません...。(出版社の皆様、スミマセン) どこかの雑誌でお見かけになりましたら、温かく見守ってやって下さいませ。
〜2012年以降
今のところ...掲載されるものがまだある予定ですが、こんな感じです。(*^-^*)
てんちょの入院、手術などでサイトはなかなか更新できておりませんが、
なるべく最新の情報を掲載して参りたいと思います。




簡易ご利用ガイド詳細なご利用方法はこちらからどうぞメールでのお問い合わせはinfo@natural-oyatu.comまでどうぞお問い合わせフォームでのお問い合わせはこちらです